*

暮らし

ハウスクリーニングは年明けの今が狙い目かもよ

年末といえば、大掃除です。恐らく掃除グッズも売れに売れたことでしょう。ハウスクリーニングの申し込みも殺到したかもしれません。

 

ハウスクリーニングは今ですよ!

 

最近では、温度が高い方が汚れが落ちやすいとかで夏に大掃除をするのが流行っていますね。夏もハウスクリーニングは儲かったかもしれません。ベランダ掃除とか自分でやるには暑いですしね。ということは、年明けや秋頃にはハウスクリーニングは空いているんじゃないでしょうか。いや、秋は年末混む前にと思って頼む人がいるかもしれないので、年明けの今がチャンスなのでは。そんなせこいことを思って検索していたら、年末の掃除が間に合わなかった人向けにキャンペーンやっている所がありました。なんか同じ考えで嬉しいですね。同じ考えつながりで頼んでしまおうかしら。


多様化するライフスタイル

女性のライフスタイルは時代とともに多様化してきています。家にいる専業主婦から共働きの家庭が増えたり、また婚期も晩婚化が進んできています。ですので女性の生き方は時代とともに、大きく変わってきていることは確かです。それに影響されるように少子高齢化が進んできていますので国家の財源でもある将来の年金に不安の影を落としています。

 

しかし、固定概念に縛られずに自由に生きてゆけるのは素晴らしいことです。そしてもっと女性が活躍できる世の中を整えていかなくてはいけません。結婚しても独身でも生きていきやすい輝ける制度を確立して欲しいです。そしてもっと世の中の動向や経済、いいかえれば、生活の基盤となる年金や保険などについて強くならなくてはいけません。

ルミガン・ジェネリックの決定版


不妊専門の病院に通院中

不妊専門の病院に通院中です。

結婚して数年経ち、子供を作っても良いかなと思いましたが、なかなか授かることができず、不妊専門の病院に行きました。
主人の精子の数が少なく運動率も良くないことがわかりました。
そこで、人工受精を試みることにしましたが3回挑戦しても妊娠に至ることはありませんでした。
次の段階として、体外受精に進みました。
うちは、主人の精子の数が少ないこともあって、顕微受精を勧められました。
体外受精は、シャーレに入っている卵子に精子をそのまま入れて受精させます。
顕微受精は、卵子ひとつに精子を一匹選び直接卵子に針を刺して入れる方法です。
この方が受精率は増すそうです。
卵子は、一回の排卵で1~2個しか出来ません。
それだと、受精卵になったとしても最大2回しかチャンスはありません。
なので、私はより多くの卵子を作るために15日間、毎日病院に注射を打ちに行きました。
家ではたくさん作られている卵子を排卵してしまわないように鼻点媚薬で排卵を抑制してました。
卵子が成熟して採卵したら7個の卵子を採ることができました。
それを顕微受精して、受精卵まで育ったのが5個でした。
その周期に一つ戻しましたが、妊娠には至りませんでした。
残りの受精卵は、凍結しました。
私は、3回目で授かることができ無事に出産することができました。

男性不妊サプリなび タイミング法


テスト

テスト記事です。